『クライシス』最新動画7話を無料で9tsu miomio以外で視聴できる方法はこちら!

クライシス ドラマ 動画 7話 無料 9tsu miomio

ネットで無料最新動画を見る時にまだ9tsu・miomioを使用していますか?

ドラマ『クライシス』7話を9tsu・miomioを使って視聴しようとしても、読み込み時間が長かったり、再生が止まってイライラしませんか?

かつ、PCウイルスの件もあり、全然リスクと時間のロスがでかすぎますよね!

ですが、今回は快適にドラマ『クライシス』7話の最新動画を無料で視聴する方法を大公開していきます!

さらに、これまでのあらすじも載せていますので、一緒にお楽しみください。

では、早速ご紹介していきます!

CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班

  • ドラマタイトル:CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  • 放送日:2017年4月11日(火曜日)21時00分スタート
  • 原作:なし
  • 原案・脚本:金城一紀
  • 音楽:澤野弘之
  • 演出:鈴木浩介、白木啓一郎(カンテレ)
  • チーフプロデューサー:笠置高弘(カンテレ)
  • プロデューサー:萩原崇(カンテレ)
  • アソシエイトプロデューサー:坂田佳弘(カンテレ)
  • 制作著作:カンテレ(関西テレビ)

 

【pick up】鍛冶大輝役:長塚京三にインタビュー!

鍛冶大輝の役柄とは?

鍛治はポジションのある公務員ですが、そういった設定を超越して、何を考えているのか分からない人物です。

どこまで特捜班の面々を愛しているのか、或いは使い捨てようとしているのか。

どう私物化しようとしているのか、それとも…?非常に自制心の強い人物で、内心を表に出すことはありません。

ただ、青沼(飯田基祐)という直属の部下にだけは、感情的にストレスをぶつけることもあります。

 

演技する難しさは?

監督から掴みどころのなさを期待されているところがあり、そこがなかなか難しい(笑)。ですが、逆に言えば面白さでもあります。

鍛治には、特捜班のようにアクションがありません。

鍛治は、青沼と執務室で話をするシーンが多いのですが、いつも同じ部屋で、同じような服の青沼と、動きのないやり取りを繰り広げます。

ですがそこには、あるフラストレーションが秘められており、それが僕の一つの“アクション”としての見せ場なのだと考えています。

 

特捜班との仲は?

憎まれ疎まれ、それぞれが持つ近親憎悪のようなものを乗り越えさせるため、全て実地で鍛えようとする “綱渡り”のような高度な指導、訓練なのかもしれません。

だからそこには、温情とか、ワクワクするような仲間意識とかとは何かしら違う、もっと冷徹なゾッとする響きが宿ります。

もっとも、そうやって内面から成長させて行かないと、テロリズムには勝てないのかもしれません。

出典:公式HP

 

【必見情報】ドラマ『クライシス』を無料視聴する裏技を大公開!

お金を払ってDVDレンタルすれば、ドラマを視聴できるのは当たり前ですよね!

月に10本、20本と借りてしまうと、レンタル代もバカにならないのではないでしょうか?!

だからといって、無料動画サイトに手を出しては絶対にいけません!

なぜなら、無料動画サイトでのドラマ視聴は違法アップロードが多いんですよ!

もう知らなかったでは許されない状況になりつつあるのはご存知かと思います!

つまり、見逃しドラマの動画フルを視聴するなら、安全に視聴する時代がついに来たのです!

今絶賛オススメするのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!

しかも、今なら31日間無料トライアル期間中という絶賛お得なキャンペーンをしております!

また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトでは最も長いですよー!

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

だからこそ、お勧めできるわけです。

私は、31日間でU-NEXTにて、何本の映画やドラマが観れたと思いますか?

私は、ドラマを3作品ほど、第1話~最終話まで一気見しつつ、映画も何本か観てしまいました!

私的には、大満足でしたね!

それに、実は『U-NEXT』見逃し最新ドラマだけじゃないんですよ!

昔にやってた結末が思い出せないドラマ・映画から、最新の見逃しドラマまで内容充実なコンテンツとなっております!

あらゆるテレビ局を網羅しているのがU-NEXTの特徴です!

>>見逃しドラマをサクッと無料視聴したい方はこちら<<

つまり、

  • 小栗旬さん主演の『CRISIS(クライシス)』
  • 天海祐希が主演の『緊急取調室season2』
  • 藤原達也さん主演の『リバース』
  • マンガでお馴染みの『恋がヘタでも生きてます』
  • 波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』

などのあらゆる見逃しに対応しているのです!

お客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

何よりこのキャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非無料登録する事をオススメします!

是非U-NEXTにて、31日無料トライアルが終わるまでにたくさん楽しんじゃって下さい!

>>無料申し込みはこちら<<

 

利用者の口コミは?

>>無料申し込みはこちら<<

 

今までの簡単なあらすじ

第1話『巨悪に規格外なチームが挑む』 視聴率13.9%

公安機動捜査隊特捜班は警視庁警備局長直轄の秘密部隊で、元自衛隊員の稲見(小栗旬)・元公安の田丸(西島秀俊)をはじめとする各分野からのスペシャリスト5名で構成され、その任務は機動捜査隊特捜班がテロや政治的事件など、国家レベルの危機(クライシス)に立ち向かうこと。

第1話では爆弾テロ事件の捜査にあたり、見事解決に至りましたが、逮捕された犯人はただの実行犯で、その背後には平成維新軍という謎の組織が存在していることが発覚したのでした。

公安機動捜査隊特捜班を結成したのは警視庁警備局長の鍛治大輝(長塚京三)ですが、この鍛冶という男、公安機動捜査隊特捜班の活躍により、自分の評価が上がることが嬉しくて仕方ない様子。

鍛冶が班員に無理をさせることを心配した警視庁公安総務課長の青沼祐光(飯田基祐)は、『連中は一度骨折をしている競走馬です。気を使っていただかないと』と苦言を呈しますが、鍛冶は『次に骨折したら安楽死させればいいだけだろう?』と笑います。

元自衛隊員の稲見の『骨折』にあたる過去の傷に関する描写もありました。

『殺さないでくれ』と命乞いをする男に容赦なく銃弾を打ち込んだ稲見。

第2話以降、さらに詳しく明らかになってきそうですね。

 

第2話『暗殺の真相を暴け』 視聴率11.2%

公安機動捜査隊特捜班は警視庁警備局長直轄の秘密部隊で、元自衛隊員の稲見(小栗旬)・元公安の田丸(西島秀俊)をはじめとする各分野からのスペシャリスト5名で構成され、その任務はテロや政治的事件など、国家レベルの危機(クライシス)に立ち向かうこと。

第2話では、国家のトップら御用達の売春宿で暴力事件が起き、少女が意識不明の重体という被害を受けましたが、犯人が次期官房長官という立場にあったため、上からの命令が下り、捜査は打ち切られることとなりました。

『いつかこのシステムを変えてみせる』そう宣言した田丸は行き場のない気持ちを抱えたまま、現在新興宗教団体に潜入中の林智史(眞島秀和)の妻・林千種(石田ゆり子)に接触。田丸は『もう少しそばにいてください』と千種に言い、千種は『はい』と応じました。

この2人の関係は、ただの夫の上司・部下の妻といった間柄でもないようです。

田丸の過去も含め、徐々に明らかになる班員たちのプライベートな部分も気になりますね。

第3話では平成維新軍との戦いが再度描かれます。

第2話では国家の嘘に巻き込まれ、正義とは何か?を自問自答した班員たちですが、国家の嘘を暴こうとするテロ組織との板挟みになり、さらなる葛藤が生まれそうです。

 

第3話『議員襲撃!テロを阻止せよ!』

公安機動捜査隊特捜班は警視庁警備局長直轄の秘密部隊で、元自衛隊員の稲見(小栗旬)・元公安の田丸(西島秀俊)をはじめとする各分野からのスペシャリスト5名で構成され、その任務はテロや政治的事件など、国家レベルの危機(クライシス)に立ち向かうこと。

第3話では、第1話に登場したテロ組織・平成維新軍との戦いが描かれました。平成維新軍がテロ活動の捨て駒として利用したのは、若き兄弟。

自分たちの死が、合言葉である『この国の未来のために!』なることを信じて疑わないまま、田丸たちの目の前で兄弟は自決の道を選択。

悲惨な状況を目の当たりにし、田丸は思わず『俺たちに勝ち目はあるのか・・・』と漏らします。

また、平成維新軍の源流が、公安機動捜査隊特捜班の大山玲(新木優子)がかつて所属していたハッカー集団であることが判明。

幹部には高校生らしき若者もいるようです。

第4話では大学教授の身辺警護を任された公安機動捜査隊特捜班ですが、この大学教授、果たして守るに値する人間なのか?!

今会も国家の闇が存在していそうな気配です。

 

第4話『要人警護!罪と罰の結末!』

スポンサーリンク

公安機動捜査隊特捜班は警視庁警備局長直轄の秘密部隊で、元自衛隊員の稲見(小栗旬)・元公安の田丸(西島秀俊)をはじめとする各分野からのスペシャリスト5名で構成され、その任務はテロや政治的事件など、国家レベルの危機(クライシス)に立ち向かうこと。

第4話では国家の陰謀に加担させられた挙句に反逆罪に問われている科学者が登場。

そんな科学者に対し、国家が出した決断は事件に見せかけた処刑・・・科学者を守ろうとする稲見や田丸(西島秀俊)、樫井(野間口徹)でしたが、国家の決断に抵抗することなどできるはずもなく、樫井は科学者の身体に仕掛けられた爆弾の解除を断念。

科学者は木っ端微塵になってしまったのでした。

国家に仕え、正義を守るはずの公安機動捜査隊特捜班ですが、果たして彼らがやっていることは正義なのか?国家の嘘に加担することではないのか?

班員たちそれぞれが葛藤する中、国家に対抗するテロ組織として登場するのが、平成維新軍です。

やり口は決して認められるようなものではありませんが、彼が唱える国家の嘘を暴き、嘘ない国を作るという行為はもしかすると正義と呼べるのかもしれない・・・そんな気さえしてきます。

第5話では再び官房長官の神谷(石黒賢)が登場。

神谷は第2話にて、国家のトップがお忍びで通う売春宿にて、少女に暴行した挙句に意識不明の重体に陥れながらも国家の嘘にかくまわれ、罪を問われていない黒い人物。

今回、政治家たちを恐喝している証拠集めのために暴力団に潜入させられている稲見ですが、それは表向きの事実に過ぎず、別の黒い真相がありそうです。

 

第5話『潜入捜査の黒い罠!』

特捜班のメンバーの前に暴力団組員らしい男たちの乗った車が行く手を阻む。

そして一人取引現場に向かった稲見だったが、突然乱入した二人の男によって稲見以外全員が撃ち殺されてしまう。

稲見が殺し屋を取り押さえたところでようやく他の特捜班のメンバーが辿り着く。

沢田の死を目の当たりにして取り乱す稲見、田丸はグッとその腕を掴み、目を凝視しながら拳銃を受け取った。

鍛治は神谷に『うちの連中を囮に使いましたね』と言い別室で今回の事件の裏側を聞く。

仁愛工業はとある大企業の裏金作りの為の麻薬密売の仲介をしていた。

しかし仁愛工業は他の麻薬取引にも手を出し始めた。

大企業としては隠れ蓑が捕まっては麻薬との関わりが露見する可能性がある。

そこで神谷を通して別の暴力団員を使って仁愛工業を始末したのだった。

稲見は二人が密談していたのを知り、『権力側にとって邪魔な人間は適当な理由を付けて殺しても良いって言うんですか?私が流した情報で人が殺されたんです。私は薄汚い仕組みに加担したんです。』と鍛冶を問い詰める。

鍛冶『薄汚い仕組みを変えたかったら正義感に囚われて動きを不自由にするな。善も悪も全て取り込んでしなやかに動け。そうやって蓄えた力でいつか本物の悪を叩けばいい。』

稲見『屁理屈ですよ。』

鍛冶『そうかもしれん。だが何もかも一気に変えることなど出来はしないんだ。目指す場所を見つけ、傷つきながらでも進むしかない。どうする、俺についてくるか?』

稲見『考えさせてください。もし私が権力に逆らったら殺しますか?』

そう言って稲見が去った後、鍛冶は電話を掛けて『例の件、今すぐ動いてくれ』と指示を出した。

その電話の趣旨は次の日のニュースで知らされた。

神谷が少女買春の容疑で逮捕された。

そのニュースを見て言葉を失う稲見の肩を田丸はポンっと叩いた。

吉永『仕事だ。新しい任務だ。』

 

第6話『地下鉄爆破テロを阻止せよ』

田丸はカルト教団に潜入捜査を命じられた警官が寝返ってテロの実行犯になったという当時の公安での噂を語る。

長期の潜入捜査をする警察官の情報は警察内部でも抹消される、その為現在も彼の情報は閉ざされたままなのだ。

稲見『動機はこの前、田丸さんが言っていた、本当の人生に戻れる大切な何かを見失ったから…?里見がもし俺たちと同じ警察官だったとしたらその足跡を見つけてやらなきゃならないんじゃないですか?それを見つけることがあいつを捕まえる近道なんじゃないんですか?』

その頃、里見は『鍋島』という人物の墓にいた。

本部へ戻ると里見の警察学校の在籍記録はなかった。

そこで警察学校を卒業して警視庁に勤務していない者から探っていくと『鍋島豊』という人物に行きあたった。

彼をかくまっていた食品会社はカルト教団に属していたことがわかり、捜索したものの爆弾やテロに関わるものは見つからなかった。

里見の目的は…テロではない?

食品会社が所有しているマンションに潜伏していたのがわかり、稲見と田丸が向かったがさすが警察官、あと一歩というところで逃げられてしまった。

鍛冶は『明日の朝までにあいつらが里見の狙いに気付かなければヒントを出してやるつもりだ。』と何か知っている様子を見せる。

そして青沼には特捜班からの応援要請には応えなくていいと指示を出した。

本部で考える特捜班メンバー、里見の狙いはシンボルではなく個人的に恨みを持つ人で間違いない。

そして当時の彼の直属の上司を調べてみるとその中に3か月前に警視総監になった乾の名前があった。

特捜班は急いで出動し吉永は青沼に警視総監の身辺警護の強化を要請した。

乾が自宅マンションを出た時、里見が現れ、運転担当を狙撃した。

銃口を向ける里見だったが間一髪稲見と田丸が間に合い、里見は逮捕された。

稲見『どうして寝返った?どうしてテロを実行した?』

里見『俺が教祖からテロの任務を受けたのは決行日の5日前だった。俺はすぐに公安の連絡係に連絡を入れた。1日か2日で公安のガサが入り俺の任務は終わると思ってた。決行日の3日前、俺は教祖の命令で狭い部屋に閉じ込められた。雑音の聞こえない場所で集中力を高める為だと言われたが要は怖くて逃げださない為に監禁されただけだった。自分の心臓の音が迫ってくるような部屋で俺は仲間が助けに来てくれるのを待った。ひたすら待ち続けた。だが、結局何も起こらず決行日の朝に外に出された。その時の俺の気持ちがわかるか。俺は仲間に裏切られ見捨てられたんだ。俺に残された道は一つしかなかった。テロを実行することだ。そうしなきゃ俺はリンチで殺されていたはずだ。俺の報告が無視された理由はわからない。大方テロを理由にして予算や人員を増やそうっていう算段だったんだろう。もしくはテロを理由にカルト教団を一斉に締め付けようと思っていたのかもしれない。もしかすると爆破予告の地下鉄に公安が気に入らない官僚が乗っていたのかもしれない。理由は何だっていい。何にせよ俺は信じる物を失いそっちの世界に戻るきっかけを無くしてしまったんだ。だからテロを実行した。』

稲見『お前が本当に警察官だとするなら、リンチを受けて殺されてもテロを実行すべきじゃなかった。罪のない人々の命を奪うべきじゃなかった。』

里見『確かにそうだな。理屈は正しい。あとはお前が同じ目に遭った時に本当の答えがわかるだろう。』

稲見『それにお前の言うことが正しいと証明するものは何も存在しない。』

里見『それがお前らのいる世界だよ。まぁいい、すぐにわかるさ、すぐに。』

里見は拘置所の中で首を吊った。

稲見はマットレスと本だけが置かれた殺風景な自宅で膝を抱えていた。

 

第7話 公式HPあらすじをご紹介!

テロリスト集団・平成維新軍がテロを思わせる犯行予告を出し、鍛治(長塚京三)は警視総監の乾(嶋田久作)から特捜班をフル稼働させて阻止するように命じられる。

しかし、平成維新軍の標的は不明で、手がかりもゼロとあって、稲見(小栗 旬)や田丸(西島秀俊)ら特捜班メンバーも今回はテロを未然に防ぐ手立てが思い浮かばない。

そんななか、ハッカーだった頃に平成維新軍の前身と思われる組織に所属していた大山(新木優子)は、犯行予告に記された一節が、以前、自分が仲間の一人に教えた言葉だと指摘。

“坂本”と名乗るその人物の素性はおろか、性別すら知らないが、当時、偶然手に入れたメールアドレスを元に本人の居場所を特定できると言う。

大山が調べた情報によって、特捜班は坂本(今井悠貴)を拘束。

一見ごく普通の高校生に見える坂本は、吉永(田中哲司)の取り調べに表情一つ変えず、無言を貫くが、大山が“岡田”を名乗っていたかつての相棒だと分かると、徐々に口を開き始める。

そして、権力を持つ大人に深い憎悪を抱いていることが判明するも、平成維新軍によるテロ計画については決して口を割らない。

さらに、大山は自宅から押収した坂本のパソコンから情報を抜き取ろうとするが、パスワード解析が一向に進まない。

このままでは予告通りテロが起きてしまう――。

一度は諦めかけそうになるも、稲見が発した“ある言葉”を受け、意を決して再びパソコンに向かった大山は…!?

出典:公式HP

 

第7話 放送前のツイッターの反応

 

『CRISIS(クライシス)』の視聴率は?

  • 1話 13.9%
  • 2話 11.2%
  • 3話 12.0%
  • 4話 8.4%
  • 5話 10.3%
  • 6話 10.2%
  • 7話 8.7%

<5月24日更新>

出典:ビデオリサーチ社調べ・関東地区

 

まとめ

ドラマ『クライシス』7話を9tsu miomioを使わずに無料で視聴する方法はいかがでしか?

9tsu miomioは海外サイトですから、視聴の為に動画をダウンロードして。もしパソコンやスマホにウィルスが入ることも考えられます。

それよりもU-NEXTは安全に快適に見れるので、ぜひ一度お試し下さい。

U-NEXTのよさがわかると思います!

それでは、自分もU‐NEXTで最新動画を無料視聴してきますねー。