『君の名は。』DVDレンタル開始はいつから?

君の名は dvd レンタル

前作から3年ぶりとなる、新海監督の6作目の劇場用アニメーション映画『君の名は。』のDVD・BDの発売日&レンタル開始日に、U-NEXTでも配信決定!

もう間もなく7月に入り、いよいよ映画『君の名は。』のDVD発売日&レンタル開始日がいつなのか忘れてしまっていた方、もう間近に迫ってきましたよ。

しかし、DVD買う予定が無いけど見たい…。レンタルショップにいくのが面倒…。という方に、U-NEXTというオススメの視聴方法を紹介致します!

U-NEXTでは、DVD発売日&レンタル開始日と同じ2017年7月26日(水)に配信予定なんですよ♪

合わせて、映画『君の名は。』の情報なども合わせてお届けしますので、是非楽しんでいってくださいね。

DVD発売日&レンタル開始日と同時にU-NEXTで配信決定!

12回にわたり、週末動員数1位を獲得したアニメーション映画『君の名は』。

DVD、BRも予約がたくさん入っているようですね。

また、大手レンタルショップでも同日にレンタルが開始されます。

その発売日&レンタル開始日と同じ2017年7月26日(水)に、U-NEXTでの配信開始が決定致しました!

U-NEXTは今人気が上ってきているVOD(ビデオオンデマンド)なんです。

DVD予約してない…。レンタルショップで借りようと思ってた、などの方は、是非試してみてください。

 

映画『君の名は。』を無料視聴する方法を公開中!

お金を払ってDVDレンタルすれば、ドラマを視聴できるのは当たり前ですよね!

月に10本、20本と借りてしまうと、レンタル代もバカにならないのではないでしょうか?!

だからといって、無料動画サイトに手を出しては絶対にいけません!

なぜなら、無料動画サイトでのドラマ視聴は違法アップロードが多いんですよ!

もう知らなかったでは許されない状況になりつつあるのはご存知かと思います!

つまり、見逃しドラマの動画フルを視聴するなら、安全に視聴する時代がついに来たのです!

今絶賛オススメするのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!

しかも、今なら31日間無料トライアル期間中という絶賛お得なキャンペーンをしております!

また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトでは最も長いですよー!

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

だからこそ、お勧めできるわけです。

私は、31日間でU-NEXTにて、何本の映画やドラマが観れたと思いますか?

私は、ドラマを3作品ほど、第1話~最終話まで一気見しつつ、映画も何本か観てしまいました!

私的には、大満足でしたね!

それに、実は『U-NEXT』見逃し最新ドラマだけじゃないんですよ!

昔にやってた結末が思い出せないドラマ・映画から、最新の見逃しドラマまで内容充実なコンテンツとなっております!

あらゆるテレビ局を網羅しているのがU-NEXTの特徴です!

>>見逃しドラマをサクッと無料視聴したい方はこちら<<

つまり、

  • 小栗旬さん主演の『CRISIS(クライシス)』
  • 天海祐希が主演の『緊急取調室season2』
  • 藤原達也さん主演の『リバース』
  • マンガでお馴染みの『恋がヘタでも生きてます』
  • 波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』

などのあらゆる見逃しに対応しているのです!

お客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

何よりこのキャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非無料登録する事をオススメします!

是非U-NEXTにて、31日無料トライアルが終わるまでにたくさん楽しんじゃって下さい!

>>無料申し込みはこちら<<

 

利用者の口コミは?

>>無料申し込みはこちら<<

 

映画『君の名は。』基本情報

https://twitter.com/19_kure/status/876080243169034240

  • 公開日:2016年8月26日
  • 上映時間:107分
  • 監督・原作・脚本・絵コンテ・編集・撮影:新海誠
  • キャラクターデザイン・オープニング作画監督・オープニング原画:田中将賀
  • 作画監督・キャラクターデザイン:安藤雅司
  • 作画監督・原画:井上鋭 土屋堅一 廣田俊輔
  • 作画監督:黄瀬和哉
  • 音楽:RADWIMPS
  • 主題歌:RADWIMPS『前前前世 (movie ver.)』『スパークル (movie ver.)』『夢灯籠』『なんでもないや (movie ver.)』
  • 演出:居村健治
  • 回想シーン演出・原画・撮影:四宮義俊
  • 脚本協力:加納新太
  • プロップ設定・原画:岩崎たいすけ
  • 巫女振付創作・振付:中村壱太郎
  • 美術監督:丹治匠 馬島亮子 渡邉丞
  • 美術設定:高橋武之
  • 美術設定協力:滝口比呂志
  • 色彩設計:三木陽子
  • 色指定検査:仲條貴子
  • 撮影チーフ:福澤瞳
  • 3DCGチーフ:竹内良貴
  • 製作:市川南 川口典孝 大田圭二
  • 共同製作:井上伸一郎 弓矢政法 畠中達郎 善木準二 坂本健
  • 企画・プロデュース:川村元気
  • エグゼクティブプロデューサー:古澤佳寛
  • プロデューサー:武井克弘 伊藤耕一郎
  • 制作プロデューサー:酒井雄一
  • 音楽プロデューサー:成川沙世子
  • 音響監督:山田陽(サウンドチーム・ドンファン)
  • 音響効果:森川永子(ちゅらサウンド)
  • 効果助手:林佑樹
  • 録音:八巻大樹
  • 録音助手:椎葉ひかる
  • 音響制作:サウンドチーム・ドンファン
  • 方言監修:かとう有花
  • アフレコスタジオ:studio Don Juan
  • ダビングステージ:東宝スタジオ
  • 劇中使用曲作曲:村山二朗 櫻井隆仁 牧野奈津子 ユニペックス
  • 音楽ミキサー:菅井正剛 澤本哲朗 Tom Lord-Alge 長谷川巧
  • 音楽ディレクター :山口一樹
  • ストリングス協力:徳澤青弦
  • 音楽エディター:金貞陽一郎
  • 音楽協力:藤沢囃子保存会、深澤恵梨香
  • デジタルラボ :IMAGICA
  • アニメーション制作協力:アンサー・スタジオ
  • 制作協力:Production I.G、スタジオカラー TROYCA CLIP+BISION,LLC スタジオシャムロック シャフト アニメ TORO TORO オープロダクション マッドハウス ゴンゾ 中村プロダクション オレンジアニメーション 韓鎮アニメーション マア・モビックス すたじおかぐら テレコム・アニメーションフィルム 他
  • 取材協力:平田組紐 シェアードテラス 四谷須賀神社 国立新美術館 森ビル 他
  • 協力:ゼンリン Mapion 他
  • 宣伝プロデューサー:豊澤康弘 水木雄太 弭間友子
  • オフィシャルライター:渡辺水央
  • スペシャルサンクス:岩井俊二 三坂知絵子 松下慶子 石井朋彦 他
  • 助成:独立行政法人日本芸術文化振興会文化芸術振興費補助金
  • 配給:東宝
  • 制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
  • 製作:『君の名は。』製作委員会(東宝、コミックス・ウェーブ・フィルム、KADOKAWA、ジェイアール東日本企画、アミューズ、voque ting、ローソンHMVエンタテイメント)

 

作品概要

『秒速5センチメートル』(07年)、『言の葉の庭』(13年)など、意欲的な作品を数多く作り出してきた気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。

精緻な風景描写とすれ違う男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉によって紡ぎ出す“新海ワールド”は、世代や業界、国内外を問わず人々に大きな刺激と影響をおよぼしてきた。

新海誠監督の待望の新作となる『君の名は。』は、夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。

世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる『距離』のドラマを圧倒的な映像美とスケールで描き出す。

作画監督を務めるのは『千と千尋の神隠し』(01年)など、数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた、アニメーション界のレジェンド、安藤雅司。

また、『心が叫びたがってるんだ。』(15年)などで新時代を代表するアニメーターとなった、田中将賀をキャラクターデザインに迎えるなど、日本最高峰のスタッフがスタジオに集結した。

そして、主題歌を含む音楽は、その唯一無二の世界観と旋律で熱狂的な支持を集めるロックバンド・RADWIMPSが担当する。

スポンサーリンク

声の出演として、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に同世代の中でひときわ異彩を放つ演技派俳優、神木隆之介。

また、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を、オーディションでその役を射止めた上白石萌音。

更には長澤まさみ、市原悦子ほかアニメーションと実写の垣根を越えたまさに豪華キャスティングが実現した。

誰もが経験したことのない、アニメーションの新領域。

新たな“不朽の名作”が誕生する!

キャストとキャラクター紹介

立花瀧:神木隆之介さん

本作の男性主人公で、東京の都心に住む男子高校生。

2016年の時点で東京都立神宮高校の2年生で、実は三葉より3歳年下。

霞が関勤務の父と2人暮らしのようで、新海は『母親は数年前に離婚したんだと思っています』と述べている。

家からは東京タワーが見える。

絵を描くのが得意で、建築や美術に興味を持っている。

日々友人たちと楽しく過ごし、イタリアンレストラン『IL GIARDINO DELLE PAROLE』でアルバイト中。

同僚の奥寺先輩へひそかに好意を寄せている。

 

宮水三葉:上白石萌音さん

本作の女性主人公で、山深い田舎町の岐阜県糸守町に住む女子高生。

2013年の時点で岐阜県立糸守高校の2年3組で、実は瀧より3歳年上。

妹とともに宮水神社の巫女を務める。

母親の二葉は病死、町長である父・俊樹は家を出ており、祖母の一葉、小学生の妹の四葉と3人で暮らしている。

家系の神社や父の選挙運動、田舎の生活などに嫌気がさしており、東京での華やかな暮らしに憧れている。

 

宮水一葉:市原悦子さん

三葉の祖母で宮水神社の神主。

2013年の時点で82歳。

三葉の母である二葉が亡くなり婿養子の俊樹が家を出たあと、孫の三葉と四葉を育ててきた。

 

宮水四葉:谷花音さん

三葉の妹。

しっかりした性格をしており、2013年時点で小学4年生。祖

母や三葉と一緒に、神社の家業を手伝う。

 

宮水俊樹:てらそままさきさん

三葉の父。2013年の時点で54歳。

民俗学者、宮水神社神職を経て、糸守町の町長。

加納新太による外伝小説では旧姓溝口。

 

宮水二葉:大原さやかさん

三葉の母。

作中ではすでに病気のため故人となっている。

夫の俊樹より12歳年下。

 

勅使河原克彦:成田凌さん

三葉の同級生。ひそかに三葉が好き。

あだ名は『テッシー』。

月刊「ムー」の愛読者でオカルト好きの機械オタク。

父は建設会社・勅使河原建設の社長で、自身も休日には手伝いをしている。

2021年12月には東京で早耶香と近々結婚する話をしていた。

 

名取早耶香:悠木碧さん

三葉の同級生で、親友。

穏やかな性格で勅使河原に好意を持っている。

あだ名は『サヤちん』。

2021年12月には勅使河原と近々結婚する話をしていた。

原作小説では祖母や姉が代々町役場の町内放送担当であったことが書かれており、町役場に勤める姉も劇中にて一瞬だけ登場する。

作中で瀧達が古川図書館で調べた『糸守町彗星災害 犠牲者 名簿目録類』では、誤って『沙耶香』と書かれている。(制作途中のキャラクター設定画では「沙耶香」という表記が使われていた)

 

ユキちゃん先生:花澤香菜さん

三葉の通う学校の古典教師。

新海監督の前作『言の葉の庭』のヒロインで古典教師の雪野百香里本人である。

彼女が授業を行うシーンでは『言の葉の庭』と同様に万葉集(第10巻 2240番)が引用されていて、本作のキーワードの一つとなっている。

 

奥寺ミキ:長澤まさみさん

瀧のアルバイト先の先輩。

美人でオシャレな女子大生で、同アルバイトで働く多くの男子から大人気。

2021年に久々に瀧と会った際には婚約指輪を着けており、小説版では結婚することを瀧に話していた。

 

藤井司:島崎信長さん

瀧の同級生。

クールな性格で、瀧と同じく建築に興味がある。

瀧・高木と同じレストランでアルバイトをしている。

 

高木真太:石川界人さん

瀧の同級生。

大柄でサッパリした人間であり、見た目は体育会系。

瀧・司と同じレストランでアルバイトをしている。

 

瀧の父:井上和彦さん

霞が関に勤務している。

家事は瀧と当番制でこなす。

あらすじ

前編

東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧(神木隆之介)は、ある朝、目を覚ますと、岐阜県飛騨地方の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉(上白石萌音)になっており、逆に三葉は瀧になっていた。

2人とも『奇妙な夢』だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていた。

しかし、その後も週に2~3回の頻度でたびたび『入れ替わり』が起きた事と周囲の反応から、それがただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。

2人はスマートフォンのメモを通してやりとりをし、入れ替わっている間のルールを決め、元の身体に戻った後に困らないよう日記を残すことにした

性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わりには困難もあったが、お互い束の間の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。

しかし、その入れ替わりは突然途絶え、スマートフォンのメモなどの入れ替わりの証拠も、全て消えてしまう。

瀧は記憶を頼りに描き起こした糸守の風景スケッチだけを頼りに飛騨に向かうことにした。

瀧の様子を不審に思い心配していた友人・藤井司(島崎信長)とバイト先の先輩・奥寺ミキ(長澤まさみ)もそれに同行する。

しかし、ようやく辿り着いた糸守町は、3年前に隕石(ティアマト彗星の破片)が直撃したことで消滅しており、三葉やその家族、友人も含め住民500人以上が死亡していたことが判明する。

瀧は、以前三葉と入れ替わった際に参拝した記憶のある、山上にある宮水神社の御神体へと一人で向かう。

そしてその御神体が実在していたことで『入れ替わり』が自分の妄想ではなく、2人の入れ替わりには3年間の時間のズレがあったことを確信する。

 

後編

https://twitter.com/_nasu_6969_/status/876236618608197633

瀧は、もう一度入れ替わりが起きることを願いながら、3年前に奉納された三葉の口噛み酒を飲み下す。

再び(隕石落下前の)三葉の身体に入った瀧は、三葉の友人である勅使河原克彦(成田凌)名取早耶香(悠木碧)の2人とともに、住民を避難させるために変電所を爆破し町一帯を停電させ、町内放送を電波ジャックして避難を呼びかけるという作戦を画策する。

しかし、その計画の要である三葉の父(糸守町長)を説得しようとするが、妄言だと一蹴される。

(瀧の身体に入った)三葉に会うため、瀧(身体は三葉)は御神体がある山を登る。

生きている世界には3年の時間差がある2人だったが、なぜか互いの声だけは聞こえており、互いに姿を探すも、声だけで姿は見えなかった。

しかし黄昏時(本編中では架空の方言で「かたわれ時」と呼ばれる)が訪れると、入れ替わりが元に戻り、同時に互いの姿が見え、初めて2人は直接会話することができた。

三葉は瀧から住民を助ける計画を引き継ぎ、下山する。計画通りに町を停電させ、避難指示の放送を流すが、その電波ジャックもしばらくしたのち町の職員に見つかり訂正の放送を流され、避難は進まない。

三葉は改めて(三葉に入れ替わった瀧ではなく三葉本人から)父(町長)を説得するため町役場に向かう。

その後、ティアマト彗星の核の破片が糸守町に落下し、町を壊滅させた。

瀧が『入れ替わり』という不思議な出来事に遭ってから5年後、そして『奇跡的に住民が避難訓練をしており死者が出なかった』糸守町への隕石衝突から8年後へと舞台は移る。

瀧も三葉も東京で暮らしていたが、もはや入れ替わりのことは忘れており、ただ漠然と『誰かを探している』思いだけが残っており、ときおり町中でその相手の気配を感じることがあった。

さらに月日が流れたある日、並走する電車の車窓でお互いを見つけた2人は、それぞれ次の駅で降り、お互いの下車駅に向かって走り出す。

ようやく住宅地の神社の階段で互いを見つけた三葉と瀧は、それぞれ歩み寄っていく。

すれ違ったところで瀧が話しかけ、互いに探していた相手だと分かった2人は涙を流し、同時に尋ねた。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

映画『君の名は。』のDVD・BR発売日&レンタル開始日と同日にU-NEXTで配信開始の紹介をさせていただきました!

君の名は、凄い人気でちょっと尻込みして、映画を見に行けてなかったんです。

レンタルショップも遠いし…と思っていたらU-NEXTでの配信があったので、とても喜んでいます♪

是非皆様、ご一緒にU-NEXTで、映画『君の名は。』楽しみましょう!

最後まで有難うございました。